韓国語の「ポッポ」はどういう意味?

ヒトコト韓国語

アンニョンハセヨ!aiです。

今回は韓国語の「ポッポ」について紹介していきます♪

普段韓国ドラマや韓国映画を見ているときに「ポッポチュセヨー」と会話の中に登場する場合があります。こちらの表現方法は日本でも割と知っている方も多くいらっしゃいます。

韓国語の「ポッポ」は日本語での「チュー」の意味となります。よく似た表現としては「キス」が挙げられますが、こちらは韓国語でも「キス(키스)」の発音となります。

韓国語でのチューは「뽀뽀」と書きます。

韓国語での読み方

こちらの韓国語の読み方が「ポポ」と読みます。
通常のフリガナで書くとポポですが、文字の特性上、少し詰まる形で発音しますのでおのずと「ポッポ」と聞こえます。どちらでも意味としては通じますので安心してください。

濃音

韓国語には、日本語の濁音のように少し特殊な文字もいくつかあります。そのうちの一つが「濃音」と呼ばれる音で「少し詰まる発音」「濁音にするところをしない」といった特殊な場合が少しあります。最初は頭の片隅に知っておくだけでも良いので、そちらの紹介となりました。
・ハングルの濃音は5つ【,ㄸ,ㅃ,ㅆ,ㅉ】があります。

例文

ただいまー!今日も疲れた!

おかえり!ポッポしてもいいかな?

応用

良く会話の中で使用されるので、会話でも生きる表現を紹介したいと思います。

例文①

韓国語:뽀뽀 주세요
読み方:ポッポ ジュセヨ
日本語:チューして

例文②

韓国語:뽀뽀해도 돼요?
読み方:ポッポヘド テヨ?
日本語:チューしてもいい?

最後に

今回は韓国ドラマや映画でよく聞く単語でした!
ぜひ使うタイミングがあれば、使ってみてください♪

ヒトコト韓国語
スポンサーリンク
【韓国語初心者向け】楽しく継続的に韓国語を学ぼう

コメント